不動産競売の一般的な流れはどのようになっているのか

一般的な不動産の競売は、債権者が裁判所に債権回収を目的とした競売の申し立てを行い、裁判所がこれを認めて競売開始を決定したときに始まります。


競売開始が決定されると、裁判所では執行官に対して競売にかける不動産の現況調査を、不動産鑑定士に対して物件の評価を行うよう命じます。


執行官と不動産鑑定士は指定された期日までに調査や評価を行い、報告書にまとめて提出します。

府中の不動産に関することは、情報が満載なこのサイトにおまかせください。

調査の内容は物件明細書、評価書、現況調査報告書の3つの書類にまとめられ、指定された期間の中で誰でも閲覧することができます。

閲覧は裁判所の閲覧室や、インターネットの競売物件情報サイトから可能です。
調査と評価がひと通り終了すると、裁判所は競売物件の最低売却価格と入札期間を決定して、公告を行います。



物件の情報を見て購入したくなった場合は、入札期間中に裁判所に入札書をはじめとする必要な書類の提出と保証金の納付を済ませて、開札期日を待ちます。

そして、開札期日に入札書類の中身が確認され、一番高い金額を記入した者が買受人となり、入札資格に不適格な事項がなければ売却が決定されます。

そして、買受人が裁判所から指定された日までに代金を一括払いで納付すれば、嘱託登記手続きを経て、競売物件の所有権はもとの所有者から買受人へと移ります。

口コミ評判の高いNAVERまとめの情報について、かしこい情報の見分け方や利用方法を解説します。

一方、裁判所では受け取った代金から税金や競売費用などを差し引いた後、債権者に分配を行います。なお、競売では通常の売買とは異なり、もとの所有者が物件を引き渡す義務はありません。

そのため、競売物件に移り住むためには裁判所に対して不動産引渡命令の申し立てや強制執行の申し立てなどを行わなければならない場合があります。