素人では大変なネズミ退治

ネズミが家の屋根裏に巣を作って、夜中にネズミが走り回っている音がするようになったら大変です。

ネズミは、一度、巣を作るとその場所を覚えていて何度も世代を超えて巣を作る傾向にあります。

屋根裏にネズミがいると、糞などで細菌をばらまき、アレルギーや各種の病気の原因になることもあるのです。

屋根裏に、毒えさや粘着性のトラップを仕掛けてネズミがかかって死んでいれば、自分で処理しなければならないので、抵抗のある方には、やはり業者に依頼するのが一番のようです。日本にいるネズミには、体の大きいドブネズミ、最も体の小さいハツカネズミ、すばしこいクマネズミの三種類がいます。

中でも、一番被害の多いのがクマネズミで、わずかな隙間があれば家の中に侵入し、毒えさを食べても死なない進化したクマネズミもいるようです。

ネズミ退治の様々な相談を受けることができます。

ネズミ退治の基本は、侵入経路を断つことが一番いいのですが、体が小さくて運動能力のあるクマネズミなどは、換気扇や配管、壁の中の隙間からも侵入するので、簡単にネズミ退治と言っても完全に侵入経路を断つのは至難の業なのです。
人の目につく穴や隙間なら金網やパテを使って塞ぐことができますが、思いもよらない隙間からもクマネズミは侵入するので、素人には手に負えない場合が多いようです。



ネズミ退治業者にネズミの駆除を依頼すれば、費用は掛かりますが、ネズミ退治業者はネズミの習性を知り尽くし、捕獲器具の使い方もうまいのでネズミ退治するのに効率よく対応してくれます。