出現場所別のネズミ退治方法

古い住宅には、ネズミが侵入する事が少なくありません。
ネズミの侵入を防ぐためには、餌となるものを放置しない様にし、さらに侵入口を塞ぐのがベストです。
しかし、ネズミは頭が入るわずかな隙間があれば、そこから侵入するため、そうした隙間を見つける事が極めて難しいのです。

ネズミ駆除業者について気になる方はこちらです。

床下から床と壁の隙間から侵入したり、天井と壁の隙間や天井の小さな穴から簡単に侵入してしまいます。

家財道具のある室内で、そんな隙間を見つけ、それを塞ぐ事はできません。

そこで、ネズミ退治方法として、糞などから室内に侵入している痕跡がある場合には、その痕跡を頼りに、徘徊ルートにネズミ退治用の粘着シートを多数設置して捕獲するのが一般的です。



また殺鼠剤でネズミを殺すやり方もありますが、どこで死ぬか分からず、最近ではこの方法を採る事は少なくなっている様です。



また、屋根裏等のネズミ退治用のシートが設置出来ない所を走り回っている場合には、ネズミが嫌う臭いや超音波で撃退する方法が用いられます。ネズミの忌避スプレーは、侵入口が分かっている場合、そこに噴射するには最適ですが、屋根裏全体に噴霧する事は難しく、やはり屋根裏を走り回るネズミ退治には、ネズミ撃退の超音波器具を天井に設置するのが効果的と言えます。
以上の様に、ネズミが出没する場所に応じて最適な方法でネズミ退治されるのがお勧めです。

自分達でやってみて、撃退できない場合には、不衛生なのでプロの業者さんにお願いして、早期に退治する事が重要と言えます。