昼間も注意して行うネズミ退治

人に慣れてしまっているネズミも増えてきており、昼間でも出没して餌を探すことも増えてきました。

夜中に鳴き声や走り回る音がすればネズミがいると判断がすぐにできますが、昼間に鳴き声を立てずにガサゴソ移動している音がしたら、それもネズミの可能性があります。

いつも同じ場所を通る習性がありますから、毎回同じ場所で音がしているとき、姿を見ていなくてもネズミの可能性が高まります。

ネズミ駆除の料金についての情報ならこのサイトです。

通っている場所が分かればネズミ退治は行いやすく、市販されている粘着シートを使って捕獲することが可能です。設置したばかりの時は警戒されてすぐに捕まらないかもしれません。しかし慣れてくるといつもの場所を通って移動しようとするので、そのまましばらくは粘着シートを設置したままにしておきます。粘着シートについたときに鳴き声を出す可能性があるので、それが嫌な人は捕獲を避けて追い出す方法を選択するとよいでしょう。

ネズミ退治で、追い出すアイテムには燻煙剤やハーブやトウガラシなどネズミの嫌いなにおいで作られている忌避剤などがあります。



巣がある場所が分かっている場合、とても効率的に設置して追い出すことができて、住みにくい場所だと判断すると出て行ってくれます。



出て行った後も、忌避剤はしばらく設置しておいたほうが良いですし、ネズミ退治した後に戻ってくる場合もあるので、通り道になっていた部分の穴がわかっているなら塞いで通り抜けできないようにしておきましょう。